英語教材の選択TOEFLリーディング:文法編

英語教材の選択TOEFLリーディング:文法編

TOEFLは、単なる英会話のテストではありません。元々、英語を母国語としない人たちが、大学の授業を理解して、新しい知識や技術を大学で学べる英語の知識があるかを判断するための試験です。従って、聴く、話すだけでなく、書く、読むと云った能力も重要です。単なる英会話だけで、大学の授業にはついていけません。

 

 

 

英会話スクールと違い、文法や英文リーディングも必要で自分の考えを表現できる能力がなくてはなりません。同じような名前のTOEICがリスニング重視で、英会話の理解能力を重視しているのに対して、英語での情報発信能力を重視するのがTOEFLと言えます。従って、英文法の能力は極めて必要度が高いと言えます。

 

 

 

日本の大学は、それほどディベートや論文を重視しませんが、欧米の大学や大学院はディベートできる能力と論文を正しく書ける能力が必要です。読む、書くの要素が非常に高いと言えます。

 

 

 

勉強方法も文法を理解した上でのリーディング能力そして自分の考えや意見を英語で伝達できなければなりません。そのためにも多くの英文を読み、構文の使い方に習熟している事が必要です。

 

 

 

英文を記述するためには、まずネイティブの人たちの記述している実際の英語の文章を数多く読み、早く理解できる事が必要です。リーディングの勉強の上で単語を多く覚える、つまり日本風に言えば語彙が豊富である事も必要です。そうしたリーデングの力を十分につけた上で、英文をネイティブの人に理解しやすいように記述できる事が必要となってきます。