英語教材の選択TOEFLリーディング:単語編

英語教材の選択TOEFLリーディング:単語編

自身の英語力の証として重要視されているのがTOEICとTOEFL。最近では企業の雇用基準・大学受験の基準にも使われているそうです。TOEFLはTOEICよりもより専門的な内容になっています。

 

 

 

TOEFLテストの中の分野の1つであるリーディングには700から800語のほどの学術文章が提示されます。ですのでリーディングの分野で好成績を出すにはやはり語彙力をつけることが何よりも大切になってきます。そしてどんどん英語に慣れること。教材はまず1つを十二分に繰り返しましょう。何度も何度も同じ問題集を繰り返し読み(黙読・音読、どちらもとても大切です。)自分に染み込ませます。

 

 

 

CDの付属しているものであれば耳からも単語を覚えることが可能になりますし、より効果が期待できるかも知れません。まずそのようにして1つの参考書を使用し、それから必要があれば他の教材にも手を出します。

 

 

 

頻出単語はある程度決まっていることに気がつくはずです。このような勉強に効果的な教材の主なものとしては「TOEFLテスト英単語3800」「DUO」でしょうか。個人によって合う・合わないがありますのでおすすめ程度に。是非ご自身で手にとって確認してみて下さい。「TOEFLテスト英熟語850」も熟語力をつけるのに平行してしっかりやっておきましょう。

 

 

 

学術的な専門的な用語が沢山出てくるので、それをいかに押さえるかがポイントになってきます。初心者の方は無理せず、自分のレベルにあったものから始めることが英語の勉強の要になりそうです。