英語教材のメリット・デメリット

英語教材のメリット・デメリット

英語教材とは、各社が開発した学習法に沿って、英語や英会話を個人で学習していくための教材です。学習に必要で効果的な、テキストやリスニング用CDなどがセットになっています。

 

この英語教材を利用して英語を学習するメリットは、「自分のペースで学習ができ、何時間勉強しても購入費以外の費用がかからない」ことです。英語教材を利用すれば時間や場所に拘束されることなく学習が可能で、教材が自分にマッチしたものであれば学習効果を得られます。
また、個人学習より留学や英会話スクールでの学習の方が短期間で英語を習得できると言われますが、必要になる費用は、はるかに安いのが現状です。さらに、英語を習得するためには「継続性」が必要で、たとえ短時間であっても毎日欠かさず学習するのが一番効果的です。
それに適しているのが、英語教材を利用した個人学習と言えます。

 

しかし、デメリットもあります。それは「教材に質の善し悪し」や「購入者にマッチしないケースがあること」、「英語を継続して学習する意欲を長期間維持できないケースが多いこと」と言えるでしょう。
現在、さまざまな英語教材が提供されていますが、それらの「質」もさまざまです。価格に関係なく、利用する人の英語のレベルに適していなければ、学習意欲を高めたり継続させたりすることは期待できません。

 

また、英会話スクールであればスクール事務局やクラスメートなどが学習意欲を高めてくれるのですが、教材学習ではそれがありません。大変難しいことですが、モチベーションを自分自身で高める必要があります。