目的別に考える英語教材の選択:TOEFLリーディング編

目的別に考える英語教材の選択:TOEFLリーディング編

今や英語の資格の一つとして有名になっている、TOEFL用の教材が数多く書店等に並んでいます。主にTOEFLとは英語を母国語にしない人達が英語圏の学校に入学するため、言わば留学生向けの試験の一つとして大変重要な資格となっています。

 

 

 

TOEFLのテストはいくつかのセクションに分かれており全体を通すと約4時間の試験となり、決して短いものではないために最後までいかに集中力が続くかで結果が大きく左右されるともいえるでしょう。

 

 

 

特にその中でも「リーディング」のセクションは様々な形式の短中文〜長文をいくつも読み、それぞれの内容を100パーセント理解し次に内容に関する問題を解いていく形式のため一番集中力が必要なセクションと言っても過言ではありません。

 

 

 

リーディング対策の教材はいくつもありますが、中でも効果的な勉強方はやはり短中文および長文の読解に慣れることでありますので、いかに数多くの問題をこなし、練習し、読解のコツをつかむことができるかにかかってきます。

 

 

 

教材の選び方としては、なるべくたくさんの問題(過去問も非常に有効)がつまっている教材を選ぶことで、実際の試験と同じように時間配分を考え、計りながら読み解いていくことによって実際の試験の際にテンポ良く問題を解いていくことができるでしょう。

 

 

 

また回答解説の中に、文中に出てくる難解な単語の日本語訳や解説が一緒に掲載されている教材は答えあわせの際に自分で辞書を引っ張り出して調べる手間が省けるため、その分他の問題にすぐに着手することができるので便利で有効であるといえます。