英語教材に使えそうなメディア:アニメ編

英語教材に使えそうなメディア:アニメ編

英語を勉強するために、学習用のテキストでないものを教材として使うことがあります。洋楽の歌詞を見て和訳をしてみたり、字幕のついた映画を見ながらセリフを聴いたりなど、いろいろあると思いますが、好きなアニメを使って学習するという方法もあります。

 

 

 

ご存知のとおり、日本のアニメは海外で人気があり、あちこちの国で放映されたりDVDで販売されています。テレビ放映されたものならその国の言語でのセリフがつけられていて、DVDなどでは字幕版のものもあります。ですので、英語圏のものなら当然英語の音声、または字幕がついています。さらに嬉しいことに、DVDでは英語吹き替え版であっても、日本語版も一緒に入っていたり、あるいは日本語音声にして英訳の字幕にするなどさまざまな形で見られますので、自分の好きなかたちで日本語と比較しながら聴いたり読んだりすることができます。

 

 

 

 

 

また先にも書いたとおり、今や新旧ほとんどのアニメが海外輸出されていますので、自分の好きな作品を探して見ることができるため、楽しみながら勉強することができます。特に吹き替え版などは、声優の声が吹き替え版と日本語版とどのように違うか聴き比べながら楽しむことができるので、そのような比較をしていると、自然にリスニング力がついてきます。

 

 

 

自分がよく知っているセリフが吹き替え版だとどのように表現されているのか聞くのもおもしろいですし、ストーリーを追いながら無理なく鑑賞できるので、楽しみながら学びたい人にはとてもおすすめです。