英語教材に使えそうなメディア:通信教育編

英語教材に使えそうなメディア:通信教育編

通信教育で英語を勉強するのもとても良い学習方法です。書籍を買って独学で勉強するのもいいですが、最新の時事やニュース、芸能などのコンテンツを含んでいる通信教育の方が色々と楽しく勉強できる場合が多いです。

 

 

 

何よりも常にフィードバックを得られるので、毎月テストを受けているような緊張感もあります。また、毎月英語力がどのようにどれだけ伸びたかも分かるので、やっていてとても張り合いがあります。

 

 

 

勉強自体は一人で自宅で行っていますので孤独な学習方法ではありますが、他の人達もそれぞれの自宅で自分と同じように勉強していることが分かるので、自分も頑張ろうという気持ちになります。通信教育の教材では、最新のドラマやニュースなどを使った題材もあって、非常にリアルタイムなので後回しにせずに、自分もリアルタイムでやろうとしたことも良かったです。書籍では数年前のニュースとかを題材にしている場合も多く、タイムリーなものではないので、後回しにしがちです。常に自分を最新情報の中にいれるなら、通信で学んだ方が良いです。

 

 

 

ちなみに教材の中には初級者向けのトレーニング方法も紹介されており、教材の指示する通りに練習すれば自然と英会話ができるようになっていました。練習方法が分からなくて、英会話ができない方には特にオススメします。課題の量は結構多くて非常に大変ですが、その分力もつきます。一度でも課題提出が遅れてしまうと挫折しがちなのが難点です。やるからには最後までやり遂げるつもりで頑張りましょう。