英語教材に使えそうなメディア:ラジオ編

英語教材に使えそうなメディア:ラジオ編

英会話を学ぶためにラジオを利用することのメリットには、定期的に少しずつ勉強して学んだ内容が身につきやすいことや、耳で聞いて覚えながら発音を繰り返すといった自由な使い方が出来ることなどがあります。

 

 

 

例えば、基礎的な英語が学べるラジオ講座を中学校生活の3年間聞き続けた場合、学校の数少ない授業だけで勉強するよりも遙かに基礎力を高めることが出来ます。

 

 

 

受験に対応した学習や読解重視の勉強では、実際のコミュニケーション能力は培われにくいものです。
メディアを利用して勉強すれば、生の英語に触れる機会が増え、1人で発声する時間も取ることができ、リスニング・読解・記述力のような学問的な力だけでなく、リアルな英会話力が身につきやすくなります。

 

 

 

実際のコミュニケーションは、文章でよく見られる主語・述語で成り立っているような固い言葉遣いよりも、略すような日常的な表現が多く使われ、返答の仕方なども多岐に渡っています。
生の英語に触れる機会を増やすことで、そういった書き言葉だけでは知り得ない丁寧な言い方や畏まった表現、砕けた話し方などを知ることができます。
また、確実に身についた英会話力は、ビジネスや普段の会話に利用したり、洋画や海外ドラマのセリフを字幕無しに聞き取ったりと、日常から娯楽まで幅広く活用出来る生涯の財産になります。

 

 

 

英語教材を選ぶなら、いつまでも使える力がしっかりと身につくものを探すと良いでしょう。
自由度が高く丁寧に学べるラジオ講座は特にそれに相応しく、学んで絶対に後悔しない教材といえます。