英語教材に使えそうなメディア

英語教材に使えそうなメディア

その昔、英語の勉強というのは、なかなか大変でした。
というのも、本当に優れた英語教材を除くと、なかなか良い教材がなかったからです。

 

 

 

ですから、ヒアリングの練習のために主に使用されたのはカセットテープレコーダーでした。

 

 

 

そして録音した、または録音された教材で、何度も何度も繰り返して聞き、ヒアリングの特訓をする人も少なくなかったのです。
その点、今の時代、もちろん優れた教材は大変役に立ってはくれますが、その他、身の周りに、いくらでも役に立つ教材があります。

 

例えば、MP3プレーヤーです。著作権に反していなければ何でもOKです。

 

 

 

MP3プレーヤーは昔のカセットとは違い、とてもたくさんの学習教材を持ち運ぶことができます。
シャドーイングの練習にも大変適したメディアなのです。

 

 

また、昔の英語学習者は、映画館に何度も足を運び、大好きな映画を何度も繰り返して見てヒアリングの力を磨いたようですが、今は、家でいろいろなメディアを使っていくらでもヒアリングの練習をすることが可能です。
参考書を机の前に用意して勉強するかわりに、DVDで映画を見て、好きなセリフや好きな場面だけを繰り返して見る事もできますし、衛星放送などで英語のニュースを見たりすることもできます。

 

英会話スクールの魅力

 

テレビやDVDだけではありません。
何といっても便利なのはパソコンを利用することです。

 

 

 

パソコンで有料・無料のいろいろなコンテンツをダウンロードして映画やテレビ番組を見ることもできますし、オンラインで各国で実際に放送しているテレビ番組を簡単に視聴することもできます。
もちろん、パソコンを利用して色々な英語学習のためのコンテンツなどを購入することも可能なのです。