英語教材の選択TOEICリーディング:単語編

英語教材の選択TOEICリーディング:単語編

英語の勉強において語彙を増やすということは重要なことです。
わからない単語があった場合、大体の意味を類推することは可能ですが類推の限界も存在します。
そこで効率よく語彙力を高めることができて、TOEICの点数に結びつく教材が求められます。

 

 

 

そのためには第一条件として、TOEICにあわせて作られた教材を選ぶべきです。
英語教材には、大学受験用、旅行用などいろいろな目的で作られています。
そのそれぞれにおいてよく使われる単語は違うため、目的に応じた教材を使う必要があります。

 

 

 

また、勉強を始めるときの自分のレベルに合った教材を選ぶことも重要です。
自分の知らない単語でかつ難しすぎないものが集められているようなものを選ぶと効率よく勉強ができます。
内容に関しては、TOEICのリーディングの問題では選択肢がすべて同じ語の関連語で問題文の文法から適した品詞を選ぶ問題も出題されます。

 

 

 

したがって、教材としては見出し語の関連語で違う品詞の語句や、派生語や類義語なども同時に覚えることができると便利です。
また、見出し語と意味のみしか書いていない教材では実際にどのような場面でどのような語句とともに使われるのかがわかりにくくなってしまいます。

 

 

 

そこで、見出し語と見出し語を使った例文がのせられている方が良いです。
最後に、TOEICにはリーディングだけではなくリスニングもあります。
リーディングのために語彙力を増やしてリーディングの点数アップにつなげるだけではなく、
同時にリスニング力も強化するためには、見て意味が分かるだけでなく聞いてわかることも必要です。
そこで教材には音声CDがついているほうが望ましいといえます。